初めてのモビットキャッシング

スマホでモビット店鋪検索!

MENU
初めてのモビットキャッシング

初めてのモビットキャッシング

あれはもう14年も前の話になります。
当時18歳だった私は、とにかくバカな子供でした。
いろいろとバカな話はあるんですが今回は初めてのモビットでキャッシングについての話を書いていこうと思います。

 

当時悪い友達と付き合っていたわたし。 
自分でふ対等に付き合っているつもりでも小心者が災いして何となく序列のような順位が出来ていました。
もちろん下なのは私です。

 

ある日、友人から連絡がきたわたし。
どうやら急きょお金が必要になったとかで強力して欲しいと言う内容でした。

 

怪しいと思いつつもとりあえず待ち合わせをし、よくよく話を聞くと先輩にお金を渡さなきゃいけないから助けてくれと言う話です。

 

断りたいと思いつつも、断りきれず近くの無人契約機を探しました。
無担保でバイトの身なので最初の融資額は10万円。

 

この時はまだ事の重大さを理解しておらずあまり深く考えもせずに軽く考えていました。
友人の「すぐ返すから。」と言う言葉で安心しきっていたのもあるかもしれません。

 

 

まあ、簡単にお金を貸してと言ってくる輩でちゃんとお金を返す人間なんて居るわけがありません。

 

ほどなくその友人とは連絡が取れなくなり、私には借金だけが残りました。
たった10万円の友情。
いや、友情ですらなかったんでしょうね。

 

少ない給料から毎月4000円ずつを返しました、

 

モビットでキャッシングの便利であり恐ろしいところはここからです。

 

返済の実績を作ってしまうことにより限度額があがるんですね。
一度完済して今度は限度額が30万になりました。
人間、年を重ねると何かしら出費が重なる時期があります。

 

付き合いでお金が必要になってくる事もあります。

 

まだモビットでキャッシングの恐ろしさをちゃんと理解していなかった私はまるで自分の貯金をおろすかのごとくお金を借りました。

 

遊びに使ったお金と言うのは鳴かなかった返せるものではありません。10万円と30万円では返す辛さも期間も全然違います。

 

バイト生活で返すのは本当に辛かったです。

 

結局そのあとも借りては返しのくりかえしです。

 

 

 

限度額はMaxの100万円まで到達しました。

 

今ではあり得ませんが、当時はただのバイトでも実績を積んでしまうとその額まで簡単に枠が広がってしまっていたんです。

 

借金も財産のうちとは言いますが、それは会社の話で個人レベルになると文字通り死活問題です。
作らなくて良い借金は作らないに越したことはありません。
個人レベルで働いて手にした対価の中で自分の身の丈にあった生活をしていればそうそう大きな借金を負う事は無いはずです。

 

お金に振り回される事の無いような生活をしていきたいですね。